レイアウトの基本

会社のオフィスレイアウトについて

各企業においても日々移り変わる業務内容に合わせてオフィスレイアウトの変更等検討している所はあると思います。オフィスレイアウトと聞けばまず画期的な業務効率が図れる事務所のリフォームみたいなものと考えれますが、実際に行うとしてもやはりコスト的に多額の費用が発生してしまいます。勤めている会社でも一時期業務改善や効率化を図るためオフィスレイアウトの変更を試みましたが、いかんせん外部への委託はコストが嵩張るため、自社内で検討改善を進めている時期がありました。結果、倉庫だった場所に新しくオフィスを新設する事になりましたが、半分は素人が手掛けたものになるめ、現在その変更して時から10年程たった今を見ると色々とボロが出てきています。

会社内で一番良い方法を模索

会社の中でももう20年、30年と配置や雰囲気が変わっていない場所とかがあります。ラウンジと呼ばれる休憩室兼食堂の部屋があるのですが、壁や床も老朽化が進み、新しく部屋を補修しなおす事が決まり現在それに向けて色々打ち合わせと調整を進めています。今回はオフィスレイアウトを替えるのではなく、あくまで古くなった場所を見栄え的に新しくするというのが目的でした。作業はとても簡単なため、一部業者に任せて壁の塗装と床のカーペット時期を手配、勤めている会社はメーカーになりデザイナーを多く抱えている事もあり、壁に施した絵は自社内でデザイン製作、その後壁に描く事が決まりました。もっぱら社長の要望が強い部分もありますが、ただこれを通じで自分らで行う会社の環境作りもやる気を促進して企業にとってとても良い事だと感じました。