TOPICS

  • レイアウトの基本

    オフィスレイアウトの基本は、どんなオフィスにしたいかといったオフィスのコンセプトから始まり、レイアウト時に大切になってくるゾーニングを行い大まかなレイアウトを行っていきます。

PICK UP

  • 経費削減にも繋がる

    関連性がないと思われがちなオフィスレイアウトと経費削減ですが、自然光を取り入れたり、デスクの配置方法次第では電気の使用を減らすことに繋がり、結果として経費削減にもなります。

  • 多様化するレイアウト

    オフィスレイアウトは時代とともに常に社員のニーズに答え変化していくものです。日本の伝統式なオフィスは時代遅れともいえ、多様化するレイアウトを元に会社にとっての最適なレイアウト作りが必要です。

レイアウトで変わる

企業で利用するレンタルオフィスを渋谷で【ハローオフィス】

使いやすいテナントは働く人の効率を上げます。賃貸オフィスを福岡で探しているなら情報を集めたサイトが有効に活用できます。

空間の配置は思っているより生活する上で身体に影響します。
自宅の模様替えなどで雰囲気を一変させた所で心の持ちようや、気分が大きく変わったことがあるという経験をしたことがある方も多いでしょう。
このようにものの配置は安易に考えられがちですが、気持よく最大限の力を発揮するには考えられた配置というのが重要になってきます。
オフィスにおいてはこのもの配置(レイアウト)による影響は顕著に現れてきます。
仕事をする場でもあり、また1人ではない空間なので個々が気持よく仕事ができるようにオフィスレイアウトはよく考えて行う必要があります。

一般的にオフィスのレイアウトは仕事内容や人数によって変わってきます。
例えば社員人数10名程度なのにオフィステーブルが円を描くように中央に集中した配置では空間そのものの活用も出来ていないし、動線も悪いといえるでしょう。
事務作業であれば10名程度の場合はオフィステーブル同士を対面にし、横長にしていく形を多くの場所で採用されています。
これが20名程度と倍になると縦長の列をつくるようにテーブルを並べていきます。それ以上となると10名の時で多く採用される対面式をいくつかのブロックで作り、上手に上野もののテーブルを置きます。
これはあくまで事務作業の例で、これ以外のレイアウトをとっているオフィスも多く存在します。
また医療や福祉関係の仕事であれば大人数となると丸上のテーブルがいくつも存在するレイアウトを取ることもあります。

事業所の特徴を表すようなオフィスデザインにしたくありませんか?口コミサイトでは評判の高い業者について特集しています。

飲食店と事務所ではテナントの設備が異なってきます。お店を構えて賃貸事務所を構える時は設備をポイントにして選びましょう。